津山合氣会の紹介

津山合氣会は岡山県津山市を拠点に活動しているアマチュアの合気道団体で、

合気会本部登録道場として合気道の稽古と普及活動に努めています。

 

通常の稽古に加えて一般部の定期的な講習会等の行事として

 ◆春と秋の年2回、(財)合気会本部道場 遠藤征四郎師範をお招きして講習会を開催しています。

 

 ◆岡山大学合気道部の師範稽古、(財)合気会本部道場 宮本鶴蔵師範の稽古に参加しています。

 

 ◆倉敷天領塾主幹の岡山合気道交流会として、5月に日本武道館で開催される国際合気道演武大会に

   出場するとともに、年1回(財)合気会本部道場の師範による講習会に参加しています。

 

 ◆夏に米子合気会と合同稽古を行っています。

 

加えて県外各地の師範講習会に積極的に参加し、研鑽を積むとともに交流を深めています。

 

また津山市体育協会にも加盟しており、スポーツイベントの運営スタッフ等として参加することで

地域貢献に努めています。

さらに津山市の武道7団体で「津山武道学園」を設立、津山武道祭や合同稽古始めを行っています。

 

少年部では、昇級審査や演武会を行って、合気道の基本的な動きや技を通して

体を動かす楽しさを知り、やわらかな体づかいを身に着けられるように稽古しています。

 

会員は岡山県内のみならず、県外からも集まっています。

健康のため、子供と一緒に、他の武道も、など始める理由も様々で、他の道場や学生時代に

稽古をしていた経験者も、就職や転勤などを機に入会される方もたくさんいます。

会では合気道には流派も系列も無いとの考えで、開祖の合気道を現代的な身体理論の面から

理解できれば、と考えて稽古をしています。

 

合気道に興味のある方、生活環境の変化などで合気道から遠ざかっている方、

私たちと一緒に合気道を始めませんか。